オクラの撤去とヨトウ退治!!!

野菜栽培

朝晩は肌寒さを覚え、今はもう秋って感じる気候になって来ました。
でも日中は気温が少し上がって、まだ残暑かと思ってしまうような時期でもある。

さて、農園ではハスモンヨトウが気になります。
今の状態では何を植えてもヨトウの餌になってしまう。
葉っぱであれば何でも食べます。
九条ネギも葉っぱの途中に穴が空いたり折れたりしているので近くで見たらヨトウが食べた形跡が有りました。

形跡って言うか、実際に食べてるところを見付けたのです。

ピーマンも葉っぱが筋だらけ・・・。

オクラも葉っぱが無くなっちゃった。

これはもう見付けたら捕獲するって言うやり方では手に負えない。
殺虫剤を撒いて一気に殺すしかないと思ってナスとピーマンのマルチを捲って畝全体にジョーロで散布しました。

オクラは苗を全部処分して殺虫剤を散布しておきました。
マルチを剥いだ時にハスモンヨトウがゴロゴロとアチコチで寝そべっていましたが、この後は静かにお眠りになった事でしょう。

いくら見つけては捕殺を繰り返してもマルチの下や土の中でこんなに居るんんだから手で捕まえるって無理って事だよな。

毎日が虫退治じゃ嫌になって来るけど、先日植付けたニンニクが全部じゃないけど芽を出して来ました。
それがどうしたって事ですが、これは私にとって少し明るい話題となります。

カブとダイコンは今の所ヨトウの餌にはなっていませんが、もう暫くは注意深く見守っていきたいと思います。

最後に私と並びの区画の方のキクイモが綺麗に咲いていました。
見上げる様に咲くこの花を見ると秋を感じさせます・・・。(トップ画)

コメント